はじめに

ボーカル補正専門事業者
Vocal-EDIT.com のブログです。

客寄せを目的に、音楽制作に関する英語記事の意訳をTwitterで公開し始めて1年半…なかなかの情報量になってまいりましたので、可読性と資料性を高めるためブログに移行しました。

本ブログでは、時間短縮のために訳者が一旦咀嚼した上でポイントだけを押さえた粗訳が中心ですが、より固い翻訳や、独自の技術文書執筆も行っています。

メイン業務であるボーカル補正サービスについては、ウェブページをご覧いただければ幸いです。


632Hzの重要性

MagphaEQのクリエイターでもあるマスタリングスタジオ BalanceMasteringが提案する、EQポイントを素早く見つけるためのフレームワークをご紹介致します。

製品レビュー: Eventide Instant Phaser MkII

今回ご紹介するEventide Instant Phaser MkIIは、同社が1971年から6年間に渡り製造したラックユニット”Instant Phaser / Model PS101″をエミュレートしたプラグインです。

モノラルのリバーブってどんなときに使うの?

Q:
モノラルのリバーブってどんなときに使うの?
あとPANはどう振ればいいの?
ステレオのリバーブとどう違うの?

書籍レビュー:「Audio Mastering: The Artists」

本エントリは、2018年秋にFocal Press社より発行された「Audio Mastering: The Artists」の書評です。

YouTubeで最高音質を目指す

2019年1月現在、YouTubeで最高品質の音声をリスナーに届ける方法に関するエントリです。Google検索エンジンのSEO同様、YouTubeの内部仕様はブラックボックスのため憶測による部分が少なくありませんが、一定の効果は体感できたように思いますのでメモ代わりにまとめます。

YouTube投稿時にトランスコードを回避する方法(かも?)

YouTubeへの動画投稿時、PCM音声を含む動画ファイルを作成すれば公開までに必要以上にエンコード&デコードを繰り返すことによる劣化を回避できる…かもしれません。今回はFFmpegを使用してH.264/FLAC (48kHz/24bit)で圧縮したファイルを作成する方法をご紹介致します

Scroll to top